読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KSTYLE Next

日々の戯言やらガジェットについて垂れ流すブログ。

立ち喰焼肉 治郎丸(次郎丸ではない) 大井町店に行ってきた。

西武新宿駅前の繁盛している立ち食い焼肉店「治郎丸」。マスコミやブログなどで話題になっているけど、なんと地元大井町に4月10日新店舗がオープンしたとのことで、オープン翌日の今日、早速行って来てみた。
DSC_0161

ちなみに、オープン3日前はこんな感じ。この後突貫工事でオープンさせたらしいとは、店員さんの弁w
DSC_0145

店内へ入ってみると、まだ新しいカウンターに焼台と皿、トング、紙エプロンがきれいに並んでおり、カウンターの下には荷物置場代わりのトートバック風の入れ物と、傘をひっかけるためのフックが備え付けられており、荷物や傘があっても安心して焼肉を楽しめる。
DSC_0163

肉のラインナップは壁側に掲示、ドリンクやサイドオーダーは手元のメニューで確認する方式。東急大井町駅の高架下にあるため、柱に隠れているメニューがあるのがちょっと残念(店員さんに聞けばいいんだろうけど)。
DSC_0166
DSC_0165

店の奥には下の階に降りるための階段が用意されているけど、下の階にはトイレしかないとのこと。まあ、2フロア営業したら人件費とか固定費が増えて大変でしょうし、妥当だと思いますw

で、早速色々オーダーして、肉を焼く。この写真は、タン先(1枚160円)とタン元(1枚180円)なのだけど、どちらもチェーン系列の焼肉とは全く比較してはいけないぐらい、良い肉であることが貧乏舌な自分にもわかった。見た目も厚く切られており、食べ応えあり。
DSC_0164

タンの他にも、イチボ、ザブトン、トウガラシ(背中の赤身肉)と食べてみたけれど、どれもおいしいという言葉しか出てこない美味しさで、焼肉の凄さを改めて認識させてもらった次第。

そして会計は、レモンサワー2杯と他2点を含め、合計3400円也。2人で行ったので1人当たり1700円と、A5/A4ランクの肉を出す店にしてはとても良心的な価格。同じ肉を仮にチェーン店で出したら2倍以上することは間違いないだろうから、新宿の店も行列ができるっていうのもよくわかる。
DSC_0167

店員さんの雰囲気もいい(入店直後に店長さんを気さくに紹介してくれたw)し、2000円で質の良い、満足できる焼肉が食べられる店はなかなかないので、ちょっと贅沢したい時に気軽に立ち寄れる店として今後もちょくちょく使っていきたいと思います。

住所:東京都品川区大井1-1-9
JR/東急/りんかい線 大井町駅西口から、大井町線の高架下を品川区役所方向に向かって徒歩2分。隣にはBEEという立ち飲みバーがあります。

(2017/1/1更新)
店名が間違っていたため修正しました(自分を含め間違える人多いよね)